MENU

中古車下取り~ローンが残っている場合~

中古車下取りはローンがあった場合どうなるんでしょう?

中古車下取りはローンが残っている状態でもしてもらえます。ですがその中古車には所有権というものがついていて、残債がある中古車の場合だと大抵はローン会社か中古車屋の名義になっているはずです。この名義を外してからじゃないと、該当の中古車は下取りしてもらえません。それでは下取りしてもらうためにどうしたらいいのかというと、下取りしてもらう金額を使ってローンを完済すればいいのです。

たとえば残債が20万円あったとして、下取り査定金額が30万円だったとした場合、その30万円から20万円をローンの支払いに当てて、残り10万円を新車購入資金に当てるという感じです。

もしも下取り査定金額がローンの残債に届かなかった場合、たとえばこのケースだと査定が10万円だったとします。その場合は不足分をご自身で用意してもらって、とにかく完済する必要があるのです。そうしないと所有権を外すことができませんので。

仮にその差額分が用意できないとなった場合の方法として、新車購入代金+中古車のローンの合計金額で新しいローンを組むという方法があります。この方法だと中古車に残債があったとしても下取りは可能でしょう。ですがローンの総額が膨らむことにはなりますので、金銭的にこの先支払いしていける見込みがあるという場合だけに留めておいた方がいいでしょう。

いずれにしても、一度中古車下取りをお願いするディーラーに相談してみることをおススメします。

いかがでしたか?中古車を売りたいなら下取りよりも買取、買取なら一括査定サイトがおすすめという図式がなんとなくわかっていただけたでしょうか?もしまだよくわからないということであれば、TOPページからもう一度確認していただくと、より理解が深まるかと思います。

中古車下取りのトップページへ